昭和史を生きて 神国の民の心 電子書籍 無料 試し読み 楽しむ


BookLive「ブックライブ」の昭和史を生きて 神国の民の心無料試し読み


本書第3章に所載される『神国の民の心』は、平成19年の復刻に際して、長男泰國氏(現神社新報社社友)が冒頭「はじめに」の中で「この本は葦津の晩年になって発行された特別の本である。彼は『神国の民の心』の中で、自分の戦後を、神道の弁護士としての論に終始したと回顧している。戦後の時期は、社会一般と自分の属する神社界のことを考えて、そのための配慮を持って主張するのにつとめてきたというのである。それは彼が、戦後自分のおかれている立場を知って、その迷惑になるおそれのある独自の論は、差し控え、時にはあえて論理をさかさまにするようなこともあえてしてきたとの告白でもある。」と指摘するように、葦津珍彦個人の神道観と生き方を自ら語った著作だと云える。また第1章の『老兵始末記』も同様、神社本庁、神社新報他、葦津が関わっていた組織の役職を一切辞した際に執筆し、親しい友人や後進に限定し配布されたものである。本書は本シリーズ前5巻とは異なり、論考としての性格も有しているが、全般を通じて自伝的要素を伴っている。葦津自身の強固な神道への信仰を背景に、天皇陛下、祖国日本、更に多くの交わった先人と後進達への敬愛の情に満ちた著作でもある。尚、本書巻末には、泰國氏の「葦津珍彦臨終日誌」が付されている。■キーワード(目次の構成)▲老兵始末記 ▲夢はただ、水泡と消ゆ ▲昭和の始めのころ ▲流血、動乱の初め ▲上海戦線で学びしこと ▲大戦前夜のころ ▲大東亜戦争の時代 ▲神道的日本民族論 ▲日本民族の世界政策私見 ▲日本神道とナチス精神 ▲神道とナチスは断じて異なる ▲神国の民の心 ▲古神道と近世国学神道 ▲祈る心と怨む心と ▲仁者無敵 ▲神国意識を高めよ ▲御在位六十年に際し切望す ▲日本国体についての一私見 ▲私も神道人の中の一人である ▲神武天皇 神道的伝承 ▲皇祖天照大御神 神道神話 ▲付録 葦津珍彦臨終日誌
続きはコチラ



昭和史を生きて 神国の民の心無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪

昭和史を生きて 神国の民の心

詳細はコチラから



昭和史を生きて 神国の民の心


>>>昭和史を生きて 神国の民の心の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」昭和史を生きて 神国の民の心の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する昭和史を生きて 神国の民の心を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は昭和史を生きて 神国の民の心を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して昭和史を生きて 神国の民の心を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」昭和史を生きて 神国の民の心の購入価格は税込で「1944円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




書籍の購入費用は、1冊あたりの代金で見れば安いかもしれませんが、たくさん購入してしまうと、毎月の購入代金はかなり膨らむことになります。読み放題だったら定額になるため、書籍代を抑制することができます。
様々なジャンルの本を耽読したいという読書マニアにとって、大量に買うのはお財布に優しくないのではないでしょうか?だけども読み放題というプランなら、書籍代を格安に抑えることができるのです。
コミックブックと言うと、中高生のものだと考えているかもしれません。しかしながら近年のBookLive「昭和史を生きて 神国の民の心」には、50代以降の方でも「感慨深いものがある」と思えるような作品も多く含まれます。
店頭では本棚に並べる漫画の立ち読みを阻止するために、ビニールカバーをつけるのが通例です。BookLive「昭和史を生きて 神国の民の心」だったら試し読みというサービスがあるので、内容を分かった上で買うか判断できます。
徹底的に比較してからコミックサイトをチョイスしている人が多くなっています。ネットで漫画をエンジョイする為には、色々なサイトの中から自分のニーズに合致したものをセレクトすることが大切なのです。


昭和史を生きて 神国の民の心の詳細
         
作品名 昭和史を生きて 神国の民の心
昭和史を生きて 神国の民の心ジャンル 本・雑誌・コミック
昭和史を生きて 神国の民の心詳細 昭和史を生きて 神国の民の心(コチラクリック)
昭和史を生きて 神国の民の心価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 昭和史を生きて 神国の民の心(コチラクリック)