マクロ経営学から見た太平洋戦争 電子書籍 無料 試し読み 楽しむ


BookLive「ブックライブ」のマクロ経営学から見た太平洋戦争無料試し読み


開戦時の1941年、日米の経済格差は、GNP比にして約13倍、石油生産量は721倍に及んでいた。その大国に対して、総力戦を挑んだ大日本帝国の指導者たち。彼らはあの戦争にいかなる幻影を見たのか。「富国強兵」をスローガンとしていたものの、国の実力からしてそのこと自体が自己矛盾でしかなかった。自給自足な物的資源、効率的な経済制度などの前提条件を決定的に欠いていた日本は、「八紘一宇」という蜃気楼の旗印の下で、「貧国弱兵」への道を必然的に歩むことになったのである。泥沼化する中国大陸、自壊する陸海軍、「統率の外道(げどう)」としての特攻……。すべては国家経営の原則をわきまえない無謀な賭けだった。当時、海軍の一航空隊員であったエコノミストが、戦時中の日米経済格差を生産力、輸送力、開発力などから徹底的に比較検証。矛盾に満ちた狂気の歴史を再照射する。日本はなぜ敗れたのか。戦後60年の節目に、改めて問い直す渾身の大作。
続きはコチラ



マクロ経営学から見た太平洋戦争無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪

マクロ経営学から見た太平洋戦争

詳細はコチラから



マクロ経営学から見た太平洋戦争


>>>マクロ経営学から見た太平洋戦争の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」マクロ経営学から見た太平洋戦争の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するマクロ経営学から見た太平洋戦争を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はマクロ経営学から見た太平洋戦争を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してマクロ経営学から見た太平洋戦争を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」マクロ経営学から見た太平洋戦争の購入価格は税込で「800円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




無料漫画と呼ばれるものは、書店での立ち読みのようなものだと考えられます。内容がどうなのかを大まかに確かめてからゲットすることができるので、利用者も安心感が増します。
コミックを読むなら、コミックサイトが一押しです。支払いも楽勝ですし、新作のコミックを購入するために、その都度本屋で事前に予約をする行為も無用です。
気楽にダウンロードしてエンジョイできるのが、無料電子書籍のウリです。売り場まで赴く必要も、インターネットでオーダーした書籍を配送してもらう必要もないというわけです。
次から次に最新作品が配信されるので、いくら読んだとしても読むべき漫画がなくなるという状況にはならないというのがコミックサイトのセールスポイントです。本屋では扱わなくなってしまった懐かしのタイトルも購入可能です。
長い間目に見える本というものを購入していたといった方も、電子書籍を利用し始めた途端、便利さに感動するということが多いのだそうです。コミックサイトも多種多様に存在しますから、是非とも比較してからセレクトしていただきたいです。


マクロ経営学から見た太平洋戦争の詳細
         
作品名 マクロ経営学から見た太平洋戦争
マクロ経営学から見た太平洋戦争ジャンル 本・雑誌・コミック
マクロ経営学から見た太平洋戦争詳細 マクロ経営学から見た太平洋戦争(コチラクリック)
マクロ経営学から見た太平洋戦争価格(税込) 800円
獲得Tポイント マクロ経営学から見た太平洋戦争(コチラクリック)