悪銭 小説・替え玉殺人事件 電子書籍 無料 試し読み 楽しむ


BookLive「ブックライブ」の悪銭 小説・替え玉殺人事件無料試し読み


日本をターゲットにして犯罪をカネに換算するビジネス 北陸の山間で起きた現金輸送会社襲撃事件、バラバラ死体事件。次々と起きる凶悪事件の捜査線上に、ひとりの中国人女性が浮かび上がる。「死んだ人が、殺された……」バラバラ死体の男と福井県で病死した男、はたしてどちらが彼女の夫なのか。 日本に滞在する中国人にとって一番の関心事は在留資格である。不法入国、不法滞在、不法就労は罪となり、実刑を免れても母国へ強制送還される。日本人妻として配偶者ビザを取得していた女には、どんな陰謀が絡んでいるのか? 福井地検刑事部検事の丹羽冴子の大胆な推理によって、事件は一気に解決に向かうが…。 本書は、犯罪に走る在日中国人、その存在を浮き彫りにするノンフィクション・ノベルである。※この作品は事実に基づいていますが、登場する人物や団体などはフィクションであり、実在しません。●森田靖郎(もりた・やすろう)作家。1945年、兵庫県出身。文革中に、中国・チベット地区を訪れ、辺境地に下放された都市青年との交流から中国への興味を抱く。その後、シルクロードやロングマーチ(長征)など中国各地への旅を繰り返す。改革開放、天安門事件、香港返還などを常に現場から発信し、中国をフレームにして日本への同時代メッセージを送り続けるルポで定評がある。ノンフィクションを底辺にさらに再構築した小説執筆にも精力的で、ノンフィクションでは表現出来ない中国の暗部を赤裸々に描き出している。主な著書に、『東京チャイニーズ』(講談社)、『見えない隣人~小説・中国人犯罪~』(小学館)、『スネーク・シャドウ』(朝日新聞社)、『上海セピアモダン』(朝日新聞社)、『中国「犯罪源流を往く」』(講談社)、『悪夢』(光文社)、『地経学で読む爆走中国』(原書房)、『引き裂かれた街~池袋チャイナタウン・プロジェクト~』(ナショナル出版)などがある。
続きはコチラ



悪銭 小説・替え玉殺人事件無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪

悪銭 小説・替え玉殺人事件

詳細はコチラから



悪銭 小説・替え玉殺人事件


>>>悪銭 小説・替え玉殺人事件の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」悪銭 小説・替え玉殺人事件の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する悪銭 小説・替え玉殺人事件を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は悪銭 小説・替え玉殺人事件を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して悪銭 小説・替え玉殺人事件を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」悪銭 小説・替え玉殺人事件の購入価格は税込で「486円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




前もって中身を確かめることが可能なら、買ってから悔やまなくて済みます。本屋さんでの立ち読み同等に、BookLive「悪銭 小説・替え玉殺人事件」でも試し読みが可能なので、中身を確認できます。
無料アニメ動画に関しては、スマホでも楽しむことが可能です。最近は中高年世代のアニメマニアも増加傾向にあることから、この先一層内容が拡充されていくサービスだと考えます。
1冊1冊書店まで買いに行くのはとても手間暇が掛かります。だからと言って、まとめ買いは内容に不満が残った時の金銭的及び精神的ダメージがデカいです。BookLive「悪銭 小説・替え玉殺人事件」は読む分だけ買えるので、その点で安心できる事請け合いです。
漫画は電子書籍で購入するという人が増えています。バッグなどに入れて携行するなんて不要ですし、片付ける場所も不要だという特長があるからです。しかも無料コミックを利用すれば、試し読みも簡単にできます。
読んでみた後で「期待したよりも楽しめなかった」と後悔しても、一度開封してしまった本は返品などできません。だけれど電子書籍なら最初に試し読みができるので、そうした状況を防ぐことができます。


悪銭 小説・替え玉殺人事件の詳細
         
作品名 悪銭 小説・替え玉殺人事件
悪銭 小説・替え玉殺人事件ジャンル 本・雑誌・コミック
悪銭 小説・替え玉殺人事件詳細 悪銭 小説・替え玉殺人事件(コチラクリック)
悪銭 小説・替え玉殺人事件価格(税込) 486円
獲得Tポイント 悪銭 小説・替え玉殺人事件(コチラクリック)