究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」 電子書籍 無料 試し読み 楽しむ


BookLive「ブックライブ」の究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」無料試し読み


なぜ、いま新たな大学が、日本に必要なのか。建学の精神、新大学の使命、そして「人間幸福学部」「経営成功学部」「未来産業学部」3つの新学部設立の意義について語りあう。「世界の人びとを幸福にする」学問を探究し、人類の未来に貢献する人材を輩出する―――見識豊かな大学人の挑戦がはじまった!未来創造型の大学をめざして――「人づくり」の重要性幸福の科学大学の設立によって人口減に対応できる  世界に通用する幸福の科学大学の英語教育教育の本来の使命について――大学の起源には、宗教の存在がある 幸福の科学大学はアベノミクスの「成長戦略」の柱となる「学問の自由」と「信教の自由」から、大学創設の意味を考える※幸福の科学大学(仮称)は設置認可申請中のため、紹介内容は変更の可能性があります。木村智重 (学校法人幸福の科学学園理事長)一九八〇年京都大学法学部卒業。一九八五年米国エール大学経営大学院修了(MBA)。信託銀行を経て、幸福の科学理事長、国際本部長などを歴任し現職。九鬼一 (同副理事長〔大学設置構想担当〕・幸福の科学大学学長候補)一九八四年早稲田大学法学部卒業。大手石油会社を経て、幸福の科学指導研修局長、幸福の科学出版(株)代表取締役社長などを歴任し現職。黒川白雲 (同理事・幸福の科学大学人間幸福学部長候補)一九八九年早稲田大学政治経済学部卒業。東京都庁勤務を経て、幸福の科学人事局長、指導研修局長、常務理事等を歴任し現職。
続きはコチラ



究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪

究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」

詳細はコチラから



究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」


>>>究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」の購入価格は税込で「1620円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




買う前にある程度中身を知ることが可能だというなら、購入後に失敗したと思うような事が少なくなります。普通の本屋さんでの立ち読みと同じで、BookLive「究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」」におきましても試し読みが可能なので、中身を確認できます。
アニメなしでは生きられない方からすると、無料アニメ動画と言いますのはある意味革新的なコンテンツなのです。スマホさえ携帯していれば、好きな時間に視聴することができます。
物を溜め込まないというスタンスが様々な人に受け入れてもらえるようになったここ最近、本も実物として持たずに、BookLive「究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」」を通して愛読する人が多いようです。
BookLive「究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」」で漫画を入手すれば、部屋の中に本棚を準備するのは不要になります。また、新刊を手にするために本屋へ出向く手間も省けます。このような面があるので、利用する人が急増しているのです。
電子書籍の注目度は、より一層高くなっています。こうした中で、特に新規顧客が増えつつあるのが読み放題というサービスなんだそうです。支払い代金を心配せずに済むというのが嬉しい点です。


究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」の詳細
         
作品名 究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」
究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」ジャンル 本・雑誌・コミック
究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」詳細 究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」(コチラクリック)
究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」価格(税込) 1620円
獲得Tポイント 究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」(コチラクリック)