道具としてのファイナンス 電子書籍 無料 試し読み 楽しむ


BookLive「ブックライブ」の道具としてのファイナンス無料試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ファイナンスといえば、オプション理論やDCF法などのムズカシイ理論の証明や数式が思い浮かびます。著者も、銀行マン時代から数学が得意ではなかった一人ですが、転機はExcelとの出会いでした。本書では、まずファイナンスの意味をやさしく説明し、さらにExcelでの活用法までを徹底解説。最適な資金調達やプロジェクト選択など、ビジネス現場(日産自動車)で得た、実務に役立つ知識・方法を伝授します!
続きはコチラ



道具としてのファイナンス無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪

道具としてのファイナンス

詳細はコチラから



道具としてのファイナンス


>>>道具としてのファイナンスの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」道具としてのファイナンスの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する道具としてのファイナンスを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は道具としてのファイナンスを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して道具としてのファイナンスを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」道具としてのファイナンスの購入価格は税込で「2052円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




コミックの売り上げは、毎年のように低下の一途を辿っている状態です。古くからの販売戦略に固執せず、積極的に無料漫画などを展開することで、新規利用者数の増大を図っています。
様々な種類の本を多数読むという方にすれば、何冊も買うのは経済的な負担が大きいものだと思います。でも読み放題であれば、1冊当たりの単価を抑制することができます。
多くの書店では、スペース上の問題で陳列することが可能な書籍数に制約が出てしまいますが、BookLive「道具としてのファイナンス」ではそういった問題が起こらないため、マイナーなタイトルもあり、注目されているわけです。
電子書籍を買い求めるというのは、ネット上で文字やイラストなどの情報を得るということを意味するのです。サービス提供が終了してしまったといった場合は利用できなくなるのは必至なので、きちんと比較してから安心して利用できるサイトを選択しなければいけません。
気軽に無料漫画が読めるということで、利用する人が増えるのは必然です。書店とは違って、他人の目を意識することなく立ち読みができるというのは、電子書籍だけの長所なのです。


道具としてのファイナンスの詳細
         
作品名 道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンスジャンル 本・雑誌・コミック
道具としてのファイナンス詳細 道具としてのファイナンス(コチラクリック)
道具としてのファイナンス価格(税込) 2052円
獲得Tポイント 道具としてのファイナンス(コチラクリック)